SSブログ

新型BRAVIA X8000Hシリーズ、75型を展示開始! [テレビ]

kj-65x8000h_right

・KJ-75X8000H 250,000円+税
・KJ-65X8000H 170,000円+税
・KJ-55X8000H 130,000円+税
・KJ-49X8000H 110,000円+税
・KJ-43X8000H 90,000円+税

ソニーストア

4月2日(木)に一斉に発表された、BRAVIA2020年モデルHシリーズ。それぞれ、発売日がばらばらだが、まずは、トップバッターとして、4月18日(土)にエントリーモデルX8000Hシリーズが発売開始となった。
少し遅れて、当店では、本日より、X8000Hシリーズ最大サイズの75型を店頭展示スタート!

昨年モデルの、X8000Gからは、大きく進化した、X8000Hシリーズ。
新たに、4Kチューナーが搭載された。地デジ/BS/110度CSチューナー、もちろん、4Kチューナーもすべて、2基搭載で、USB HDDを接続すれば、裏録画も可能。

前モデルでは非搭載だった、4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載。また、あらゆるコンテンツを高精細な映像に作りかえる超解像エンジン「4K X-Reality PRO」やHDR相当の高コントラストに向上させる「HDRリマスター」、豊かな色を再現する「トリルミナスディスプレイ」も搭載し、画質面も大幅に強化。

43型を除くモデルに、音の歪みを低減するため新形状の振動版を採用した、新開発の「X-Balanced Speaker」を搭載。ドルビーアトモスにも対応。音質面も強化された。

Android TV登載のエントリーモデルとしては、非常に贅沢なスペックだ。

DSC00047

↑先日、8K BRAVIAで、写真データのExif情報表示が可能とお伝えしたばかりだが、75X8000Hも同様。2020年モデルでは、すべて対応していると思われる!
が、8K BRAVIAもそうだったが、EV値の表示が大幅におかしい。ソフトアップデートによる改善に期待。それでも、焦点距離、シャッタースピード、F値が表示されるのは、非常にありがたい。

-----------------------------------------------------

75X8000Hは、ソニーストア価格で250,000円+税。とにかく、安い!
43型から、大きいサイズになるほど、オトク感が増している!
なにより、エントリーモデル以上のスペック!

前モデルは、4Kチューナー非搭載ということで、当店では全く売れなかったが、X8000Hシリーズは、かなりの人気モデルになるんじゃないだろうか?

-----------------------------------------------------

・KJ-75X8000H 250,000円+税
・KJ-65X8000H 170,000円+税
・KJ-55X8000H 130,000円+税
・KJ-49X8000H 110,000円+税
・KJ-43X8000H 90,000円+税

ソニーストア


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント